学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校教育での言葉の重要性とは

言葉というのは人を傷つけることもできるし、人を勇気ある行動へと、駆り立てることもあります。人は言葉ひとつで、今までの自分とは違う感情を持つことができるし、自信をつけるのも言葉が重要です。学校教育の現場でも、言葉の危うさや便利さ、言葉の信じる力を教えていくことが大事です。親御さんでは、子供に対する言葉使いでも注意が必要で、何事も「あなたには無理」とか「だからダメだった」というような否定的な言葉を使われてしまうと、子供がどんどん自信を無くしてしまいます。

反対に、出来るまで頑張ってとか、ダメでも頑張った結果があるというような言葉をかけてあげることによって、子供というのは自信を持ち、自分のやった行動の結果もそうですが、やってきた過程において、やってきてよかったと感じるものです。これは言葉の力で、どのようにして大人になっていくかは、言葉をかけることでも大きく違いがあるといえます。人間関係を形成するにも、相手を思いやる言葉は大切なのです。

おすすめ情報