学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校の給食は美味しいですよね。

学校の給食は美味しいですよね。懐かしいです。毎日食べていたと思うと、すごいですよね。美味しかったですね。好きだったものは、ワカメご飯や、揚げパンや、カレーライスや、ソフト麺のミートソースなどですね。まだまだいっぱいあります。毎日たくさんの人数で食べていました。今では信じられませんね。当時は当たり前でなんとも思っていませんでしたが、今は良い思い出ですし、現在食べている人は羨ましく思いますね。楽しかったですね。牛乳を飲んでいると友達を、必死で笑わせたり、好きなおかずのときは、早く食べておかわりしましたね。

また、私の学校は、給食のときは席を移動させて好きな人達と食べて良かったので、それも良かったですね。小学生のころは、休んだ人に給食を届けたこともありましたね。あと、学校が建て直ししたときは、新たに給食を食べれる特別な教室が出来たりしました。今思えば不思議ですが、とても綺麗な教室で、クラスごとに、順番でつかってましたね。食べ物自体もだいぶ変わって行きました。牛乳瓶からパックになったり、クリスマスや卒業間近になると、豪華になったのを覚えていますね。また、当番も面白かったですね。