学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

日本の学校の学費をもっと安く

日本では公立の学校は、高校までは無償化となり、学費もほとんど支払わなくて良いというシステムが導入されましたが、それでも大学は学費が高いと感じてしまうところだと思います。アメリカの学校の学費は高いところが多くありますが、ヨーロッパ各国では、学費は驚くほど安いのに、その情報を知った私は驚きました。

大学へ通って、持っている才能を育てていきたいと思っても、金銭面の関係で学費を支払うことができずに大学に通うことができない、または、あきらめて違う道へ向かうことになってしまうという、何とももったいないと感じる存在が日本では多くいるのではないかと感じます。

もっと大学の学費も安く、誰もが通いやすいようになっていきますと、優秀な人材が日本国内で増えてくるかもしれません。可能性を信じて進みたいけど、その可能性の道を別の障害が妨げてしまうのは、本当にもったいないことだと思います。そのような人が減って、優秀な人材を増やしていくことができるような世の中になってほしいと願います。

おすすめ情報