学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

「学校」義務教育でもお金がかかる

四月に子供が中学校に入学しました。とても天気が良く、桜が咲き誇り入学式日和でした。制服を着た子供たちは、とても大人に見えました。入学でき少し大人になった子供の事を親たちは笑顔で喜んでいました。小学校とは違い机が大きかったです。しかし、喜んでばかりいられなくな利ました。中学校の集金内情を知らない私のもとに、さっそくプリントにて集金のお知らせがきました。「教材費の為〇万円・〇〇実習の為〇万円の集金。」小学校の時とは、数回ありましたが、数百円から三千円程度だった為、中学に入り桁が一つ多くてびっくりしました。でも、それなりの教材だったり、実習だったりする事なのでしょうね。

あまりの驚きに、今後の集金が心配になり先輩ママ友に聞いて見たら、「一年分の教材費だから教材費は来ないよ、でも、修学旅行や実習のお金は来るけどね。」えっと驚いた顔をしたら、「分割もできるよ、手数料が数百円掛かるけど」と教えてもらいました。義務教育でこんだけお金がかかるのだから、高校・大学・専門学校進学を考えたら、恐ろしくなりました。でも、子供も頑張っているので、きちんと親としての務めを果たしたいと思います。

おすすめ情報