学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校でのボランティア活動

私の学校で行われていた教育活動の一つにボランティア活動がありました。朝、自主的にみんなよりも早く登校し、校庭の落ち葉拾い・ゴミ拾い・草取りなどをするといった内容でした。友だちと時間をあわせて、倉庫から掃除道具を出し、だいたい決まった場所でほぼ毎日といっていいくらいこのボランティア活動をしていました。授業が始まる前までの1時間ほどをこのように使うことは疲れるようで意外な効果をもたらしてくれました。

これらの活動をしていて学んだことは、今振り返ってみると心の清さなのではないか、と思います。早朝に活動すること自体も爽やかなものですが、一日の始まりを掃除からすることによって、朝の何か淀んだような、目覚めがよくないような気分をスッキリさせてくれました。ただ心を清くしようと思うと難しいですが、実際に目の前にあるゴミがなくなっていくのですから、それとともに心の汚い部分も掃除されていくようで心地よかったことを覚えています。

このように朝の時間をスッキリと過ごすことによって、その後の授業の時間も集中して取り組めるようになりました。疲れる、勉強とは無関係、と一見したら思われるような行動が意外にも学生の本分である学業にいい効果をもたらしてくれることを実感しました。

おすすめ情報