学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校での昼食と弁当の持参

立場と言うか立ち位置が変われば、同じ事でも異なるように感じるものだと、つくづく思います。というのも、娘が学校に通い始め、私にも弁当作りが課せられる様になりました。料理をする事自体は嫌いではないのですが、朝が苦手な事や、一分一秒も惜しい朝の時間帯に、しなくてはいけないことが増えたということで、毎日、四苦八苦しています。出来れば、弁当持参ではなく、お昼は給食にして欲しかったと心から思ってしまいます。

けれど、自分が学校に通っていた頃のことを思い出すと、やはり弁当持参の方が遥かに好きでした。時に、前の日の晩のおかずと同じものが入っていたり、簡単なものが入っていると、ガッカリしたものですが、今思えば、弁当作りをしてくれた母の気持ちが痛いほど良く分かります。自分が子供の立場なら弁当の方が好ましいという思いがあるので、完全に給食になればいいとは思えませんが、用意する立場になった今、学校での昼食は、週に一回か二回の弁当持参で、後は給食にしてくれたら良いのにと思ってしまう私です。

おすすめ情報