学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校では苦手だった体育の授業

私は小さい頃から体育の授業が苦手でした。体を動かす事は嫌いではなかったのですが、運動自体は苦手でした。チームで行うスポーツでは足を引っ張ってしまう立場だったので、苦手意識に拍車がかかってしまったのかもしれません。けれど、学校を離れてみると、殆どといっていいほど体を動かす機会が無くなり、体育の授業さえ懐かしく感じてしまいます。

運動が好きか嫌いかといったことは別として、健康上の意味でも体育の授業は大きな役割を果たしていたのだと感じます。それに学校に通っていた頃は、否が応でも運動していたことになるので、今より数段、健康的だったと思います。学校を離れてしまうと、よほど運動好きか、日頃からスポーツをしているというわけでなければ、体を動かす機会というのは、自分で作らなければありませんし、そのきっかけを掴むのも中々難しいものです。そう考えると、つくづく、体育の授業というのは、大切だったのだと感じる今日この頃です。

おすすめ情報