学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校が懐かしくなりました

学校に通っていた当時は、あまり考えたこともありませんでしたが、今思うと、学校と言うのは、色々な意味で整えられた空間だったのだと感じます。行事も満載でしたし、多くの人に出会える場でもあります。もちろん、本業は勉学だと言われてしまえば、それまでの様な気はしますが、それ以外の部分、寧ろ環境と言った面では、よくよく整えられた場だったように思うのです。

社会に出てしまえば、一日の大半を会社という空間で過ごす事になります。大きな会社に入れば、学校と同じくらいの人数の人がいるかもしれません。けれど、行事があるわけでもないですし、クラスメイトのように気軽に付き合えるものでもないと思います。そう考えると、やはりどこか閉ざされた空間のように思えます。

それに対し、学校は、生徒に対し、実に恵まれた環境を提供してくれていたのではないかと思うのです。通っていた当時は、それらの環境が当たり前だと思っていましたし、今だからこそ、恵まれていたと思えるのだと思います。そんなことを考えていると、何だか無性に学校が懐かしくなってしまいました。

おすすめ情報