学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校の先生になった友人について

私の高校時代の友人は、現在中学校で社会の先生をやっています。その友人は高校時代からとても勉強がよくでき、スポーツも得意で、さらに部活動や生徒会でも活躍をするような素晴らしい人でした。私は高校3年生のときにその友人と同じクラスになり仲良くなったのですが、勉強もスポーツも苦手な私にとって友人は憧れの存在でした。そんな友人とある日将来の夢について語り合うことがありました。友人に将来は何になりたいのか聞いたところ、「将来は学校の先生になりたい」という答えが返ってきました。

私はそれを聞いて、「学校の先生なんて友人にはぴったりの職業だ」と感じました。そして友人は大学で教育学部に進学し、難関の教員採用試験を突破し、今は夢を叶えて中学校で教師をやっています。私はその友人のことを心から尊敬していますし、今でも憧れの存在であることには変わりありません。いつか、私も友人のような立派な人間になりたいと思っています。

おすすめ情報