学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校における日本独自の習慣

日本での学校生活といえば勉強だけではありません。部活動や季節ごとのイベント、昼食の時間に繰り広げられる購買部でのパン争奪戦、掃除の時間などがあります。これらは卒業するとより一層実感されると思いますが、かけがえのない学校生活の輝かしい思い出となります。今挙げた例の中で、実は自分が思っている以上に貴重な時間だったと後で気づかされたものは、掃除の時間です。これまで私は教室を掃除する事は当たり前のことだと思い、何も疑問にも思いませんでした。小さなときからどこの家庭でも親から、「自分で使った場所は自分できれいにしなさい」と教えられていると思います。なぜなら自分で掃除をすることで物の大切さを学び、責任感を培うとされているからです。

しかし海外では、学校の掃除は学校が委託している清掃業者が行うことが多いそうです。子供たちは一切掃除をせず、学校が終わると速やかに下校します。この事実を知った時、私は非常に驚きました。同時に、学校での掃除がここまで世界中から注目をされていることに嬉しくなりました。以前の私は学生の時の掃除は当たり前で、日本の学校は世界各国の学校と大して変わらないと思っていました。しかし、このような日々の学校生活が人としての基礎だけではなく、日本人としての基盤も築いていると感じました。

おすすめ情報