学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校は社会に適応するために通うべし。

子供が新たなコミュニティを形成するのは、学校に通い出してからではないでしょうか。幼稚園や保育所の間は親に守られた環境下で過ごしていますが、小学校にはいると親から離れた環境になり、時間も長時間にわたり友達や先生方と過ごすことになります。この親から長時間離れた環境下で、他人とのかかわりや目上の方々とのかかわりについて学び、コミュニケーションをはかり、新たなコミュニティを形成していくのです。

したがって、当たり前のことですが学校では教科書で教えてくれるいわゆるテストにでるような勉強のみを学んでいるのではなく、社会に出た時にまた今後ともずっと関係していく人間関係の形成や社会との交わりについて体感しています。この意味からも義務教育は必要かつ不可欠です。若い世代の親の中には、教科書の勉強さえ出来れば問題がないという考え方のもと、学校に別に通わなくても家で勉強すれば通用すると思われる方もいらっしゃいますが、社会との交わりを絶つことになるので、よくはないです。

おすすめ情報