学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

小学校では先生や友達との会話で言葉を覚える

小学校の低学年というのは、学習の目的は、基礎を学んで将来に備えることです。学校の先生や友達との会話の中で、自分で相手に伝わる話し方や、先生から見聞きする会話などを通して、言葉のボキャブラリーが身についてくるので、成長が早く感じるものです。今までは家の中で、会話を覚えることが多かったのが、先生の話しや友達の話を聞いたり話したりする事によって、自分の考えを身につけるようになっていきます。こういった、人と接するということは、コミュニケーションを高めることになり、社会性もついてきます。

このように小学生の頃というのは、基礎学力の土台となるものが多く、ただ勉強を習いに行くところではありません。社会生活である、組織というものを学び、自分勝手にしていてはいけないということも、体験から学んでいくものです。反対に協調性がない子供では、周りとの関係を考えることによって、協調性が身についてくるので、学校生活は子供時代は欠かせないものとなります。

おすすめ情報