学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

いろんな種類の学校を!

まず学校を語るには、学校の歴史を知らなくてはなりません。学校の歴史はは、18世紀後半の産業革命の時にさかのぼります。工場での作業は、機械類を取り扱うための知識・技能が必要です。また、決まった場所で、決まった時間に出勤し、与えられた仕事を片づけることが重要になります。ですので、学校の始まった当初の目的は、そういう人間を育てる事だったのです。

でも、今は、どうでしょうか?価値観が多様化し、働き方も多様化してきました。という事は、教育も多様化しなくては、将来欲しい人材が育ちません。そうなると、当然、学校で、教育する内容も変わってくるはずです。

今、カリキュラムはなく、その日する事は自分で決めるとういう学校も存在します。でも、まだ、正式に国から認可されていません。そういった、学校も認可していき、いろんな種類の学校を作る。そして、その中から、自由に選択できる環境を作っていく事が必要なのではないでしょうか?

おすすめ情報