学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校で学ぶ大切なこと

学校といっても小学校、中学校、高校、大学、さらには各種の専門学校まで多岐に及びます。そして、年齢や成長段階によって学校の持つ意味は違ってきます。勿論、学校が学問を学ぶ場であるのは確かなのですが、例えば小学校のような子供時代に通う学校では、知識を習得する以上に学ぶべき大切なことがあります。家庭のような少人数に囲まれ、守られている場所から離れ、大勢の様々な個性を持つ人たちと接触し、付き合い方を学んでいくのです。幼い時期には知識を得ることよりも、まず生活の基本や社会のルールを学ぶことが大切なのです。

成長するに従って学校では学習の場としての比重が大きくなりますが、同じ時間を共有する友人との繋がり、友情は学校生活で得られる最も貴重な財産と言っても過言ではありません。利害関係なく付き合える友人は大切な存在ですし、一生を通じて変わらぬ友情を保ち続けることもできるでしょう。共通の体験を通して思い出を共有する友達同士だからこそ理解し合える事も多く、ずっと遠慮なく話せる友でいられるのです。

さらに社会人になって学校に通う場合には知識の習得が最優先となるでしょう。しかし、人が一生何かを学び成長し続ける場という意味からも、学校という存在の重要性は変わらないと言えます。

おすすめ情報