学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

高等学校は義務教育ではない

高等学校というものは、別に義務教育ではないのです。あくまで中学までが義務教育であって、そこまでしか権利が保証されていないのです。これはとても大事なことですから、よく覚えておくことです。つまり、退学も有り得る、ということです。もちろん、教育というものがある程度は子供たちの権利を守ってくれるので、よっぽどのことがない限りはいきなり退学になることはありませんが、そのよっぽどのことを起こした場合はそうしたことが起きます。

特に私立なんかは厳しいところが多いです。わざわざ私立に入れるわけですから、頭が良いところが多いですし、ある程度、規則に関しては学校側に委任されているのです。つまり、髪が長いのはいけない、とかそうした規則を作ることもできるわけです。髪を伸ばすことは権利の一つではありますが、教育を受けている以上、ある程度は学校の指示、規則に従う必要がある、ということです。あくまで、自由意志は規則の範囲内で出来ることなのです。

おすすめ情報