学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校から学ぶ多数のもの

義務教育というものがあり、それにより学校へいくと先生というものがあります。教育をしてくれるひとでもあり、間違ったことをしたときには、ちゃんと真剣に自分を叱ってくれる人でもあります。そして、友達を作れる場所でもあります。ともに勉強や宿題をする仲間です。ときには悪さをして、一緒に怒られるなんてこともあったっていいのです。学校が終わってからの時間帯には、ともに、走り回ったり、汗だくになりながら遊びまくれる友達ができるのです。

そして、保育所よりももっと範囲と、人数が拡大される学校内での、友達。先生からだけではなく、友達から学ぶものもたくさんあります。親から子へ。その育て方は家庭によって違います。その、子へ伝わったものがときに、その子の友達へと伝わります。子どもはどんどん吸収していくものですので、小さい内から、良い事も悪い事も判断できるようになると、成長はめまぐるしく早いでしょう。学校で起きる、あらゆることが、次のそれの人生のひとつとなり、重なりながら自分のものになって行くのです。小さい頃の自分に教えをくれた人々に感謝します。

おすすめ情報