学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

学校が大切にしてほしい学問

学校とは将来、大人になった時に生きていく糧となる術を身に着ける機関であるならば、お金の大切さ、ITの知識、語学力を「使える」状態に教育していくことが必要であると思います。私が中学、高校と英語を勉強してきましたが、大学に入りたての頃は、文章を書くことはなんとかできましたが、話すことはできませんでした。つまり話すトレーニングを授業で受けなかったからです。これからの時代、英語は話せてあたりまえの時代になることでしょう。さらにほかの言語を一つくらいは操れるようになっていると、世界の動向をより身近に感じることができるでしょう。

お金の大切さについてもしっかり学習する必要があると思います。どうしたら増えるのか、どうして減るのか、たまらないのか、についても身近な実例をもとにして学習していくことが、本当の意味での生きていく術であると思います。簿記に代表されるような、会計学を簡単な理解から始めることが必要だと思います。そしてITにまつわるパソコンの理解、操作技術をたかめることが必要です。パソコンなしには仕事はできない時代になってきています。パソコンアレルギーにならないよう、小さい時から慣れ親しんでいくことが必要です。

おすすめ情報