学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

高等学校入学1週間後の合宿

私は地元から離れた場所にある高校に進学し、その学校は自然の多い場所にあり特に海が綺麗で、入学して一週間後に、近くの海辺の宿泊施設で学年全員での二泊三日の合宿がありました。初日には、先生方の挨拶や教育方針などの説明、その後切り絵を体験しました。最初のうちは、一人も知り合いがおらず、とても緊張していましたがクラスメイト達はみんな明るく、夜は深夜までガールズトークが続き、翌日は少し寝不足気味でした。

二日目は、カヌーに乗りました。20人程乗れる大型のもので、浜辺からスタートし、近くの島を折り返して来るというコースで、皆必死でオールのタイミングを合わせて漕ぎました。意外と力が必要で大変でしたが、これが一番楽しかったです。打ち解ける人達が多くなったのか、その日の夕食の時間はとても賑やかでした。部屋に戻り、その日の夜も異性の話をしたりして盛り上がりましたが、昼間の疲れから早い時間にみんな就寝しました。そして翌日の朝、学校に戻り感想文を書いて下校となりました。この三日間で仲の良い友達がクラスに沢山出来て、とても思い出に残る行事となりました。

おすすめ情報