学校給食の始まりと変遷

学校給食の始まりと変遷

最近の学校事情について

私は幼いときから、人見知りな性格でお友達にも率先して話しかけていくという感じではありませんでした。なので、家と外でのギャップというのが凄かったですよ。しかし、高校生になるときに、同じ出身校から入学者が居ませんでしたので、これを機会に変わらなければ友達が出来ないと思い、活発になりました。

今は結婚して、子供が二人いるのですが、どちらも引っ込み思案なんですよね。なので、幼稚園に入園するときなんかは、嫌なことはいやって言いなさいとか。口うるさく言いましたよ。それに学校に行くようになったら先生は一人ずつかまうことがありませんからね。それこそ、手のかかる子や勉強に躓いている子に手が取られるわけですから、勉強も普通、大人しいであれば、先生の印象すら薄くなるという心配があるわけです。

学校に行くまでに自発的にならなければと親としては思っています。また、最近では中学お受験というのが3割くらいの生徒がするらしくて、早い子は幼稚園のときから進学塾に行くようですね。

おすすめ情報